3D超初心者向け!かっこいいネオンの3Dエフェクト文字&ブロック背景をつくろう【Blender入門講座】

3D超初心者向け!かっこいいネオンの3Dエフェクト文字&ブロック背景をつくろう【Blender入門講座】
3D超初心者向け!かっこいいネオンの3Dエフェクト文字&ブロック背景をつくろう【Blender入門講座】

「3Dをつくれるようになりたい」
「Blenderで3Dをつくってみたい」
「かっこいいムービー素材をつくれるようになりたい」

でも
「どうすればいいのか、わからない」
「ムズかしそう」

と悩んでいませんか?

このページでは、だれでも、できる方法で3Dのつくり方を紹介しています

今回はBlenderというソフトをつかって、看板や案内板のようなネオンの素材のつくり方を紹介します

ぜひ、チャレンジしてください

Youtubeチャンネルで、映像つきで絵と映像のつくり方を紹介しています

>> イラスト55 @ クリエイティブ情報を紹介

次の目次の流れにそって紹介します

・Blenderをはじめて聞いた方

Blenderは無料でつかえる3Dソフトです

Blenderは3Dモデルをつくることだけではなく、映画やゲームなど多くのこと使われています

プロの現場でBlenderが使われている映像です

Blender 3.0 – Features Reel Showcase

Blenderは公式サイトからダウンロードすることができます

<Blender公式サイト>
https://www.blender.org/

・かっこいいネオンの3Dエフェクト文字と明かりのブロック背景をつくろう

・今回紹介するテクニックです

今回紹介する動画テクニックです

・はじめからある3Dオブジェクトを消そう

はじめからある、3Dオブジェクトを消します

・クリック → キーボード「DELETE」でキューブを消してください

・メニューが「英語」の時は、「日本語」にしよう

設定をひらきます

・メニュー「編集」 → 「プリファレンス」をクリックしてください

日本語をえらんでください

1.「Interface」をクリックしてください

2.「Language」をクリックしてください

3.「Japanese」をクリックしてください

・3Dの文字をつくろう

文字をつくります

・「追加」  → 「テキスト」をクリックしてください

文字を変える用意をします

・「オブジェクト」 → 「編集モード」をクリックしてください

日本語があらわれるようにします

1.緑の「a」アイコンをクリックしてください

2.標準の右「フォルダ」アイコンをクリックしてください

3.ボリュームの「C」をクリックして、Cドライブに移動してください

4.あらわれた「Windows」フォルダをクリック→ 「Fonts」フォルダをクリック

5.フォントがあらわれます

6.「MS Gothic」をクリックしてください

7.「フォントを開く」ボタンをクリックしてください

一度メモ帳などに文字を入れてください

1.メモ帳などに日本語の文字を入れてください

2.右クリック → 「コピー」をクリックしてください

コピーした文字を貼り付けます

1.テキストの上で右クリックをしてください

2.あらわれたメニューから「貼り付け」をクリックしてください

文字を起こします

1.オレンジの「□」アイコンをクリックしてください

2.「回転 X」に「90」に入れてください

3.文字が立ちます

4.左上「編集モード」をクリック → 「オブジェクト」をクリックしてください

文字をまわりだけ残します

1.緑の「a」ボタンをクリックしてください

2.「フィルモード」をクリック → 「なし」をクリックしてください

外ワクだけの文字ができあがりました

1.「ジオメトリ」をクリック → 「深度」に「0.01」を入れてください

2.文字が外ワクのみあらわれます

・文字を光らせよう

絵にするプログラムを「Cycles」にします

1.カメラのアイコンをクリックしてください

2.「レンダーエンジン」をクリック → 「Cycles」をクリックしてください

文字をネオンにする用意をします

1.オレンジのアイコンをクリックしてください

2.「新規」のボタンをクリックしてください

まわりを光るようにします

1.「サーフェスボタン」をクリックしてください

2.「放射」ボタンをクリックしてください

ネオンの色を決めてください

1.「カラー」のカラーボックスをクリックしてください

2.あらわれたパネルから色を決めてください

光の強さを「40」にします

・「強さ」に「40」を入れてください

・ネオン文字の背景をつくろう

背景になるパーツを用意します

・「追加」 → 「メッシュ」 → 「平面」をクリックしてください

平面を起こします

1.あらわれた「平面」をクリックしてください

2.「回転 X」に「90」を入れてください

3.「平面」が立ちます

文字のうしろに動かしてください

1.十字のアイコンをクリックしてください

2.画面の右のアイコンをドラッグして、見やすい場所に動いてください

3.「青、緑、赤」の矢印をドラッグして、文字の後ろに動かしてください

背景の大きさを大きくします

1.画面左の「□」のアイコンをクリックしてください

2.あらわれた「青、赤」をドラッグすると大きさを変えることができます

3.「平面」を文字より大きくしてください

背景になる画像を取り込む用意をします

1.オレンジのアイコンをクリックしてください

2.「新規」のボタンをクリックしてください

色を画像にします

1.ベースカラーの「〇」ボタンをクリックしてください

2.あらわれたメニューから「画像テクスチャ」をクリックしてください

背景になる画像をダウンロードしてください

※今回は、>> Andres Siimonさんの画像を使いました

1.「Download」の「▽」をクリックしてください

2.画像の大きさを決めて、クリックしてください

3.画像がダウンロードがはじまります

ダウンロードした画像を開くことができます

1.「開く」をクリックしてください

2.ダウンロードした画像をクリックしてください

3.「画像を開く」をクリックしてください

背景が変わりました

下のウィンドウをドラッグしてください

アニメーションのウィンドウがあらわれます

1.画像があらわれます

2.ウィンドウの間にマウスを動かしてください

3.ドラッグすると下のウィンドウがあらわれます

・光るネオンのアニメーションをつくろう

アニメーションをつくるウィンドウがあらわれます

1.ドラッグして、下のウィンドウを大きくしてください

2.ムービーをつくる、タイムラインウィンドウがあらわれます

3.「◀」ボタンをクリックしてください

4.時間がはじめに動きます

時間の長さを「40」にします

1.「終了」に「40」を入れてください

2.時間が短くなりました

3.オレンジのアイコンをクリックしてください

4.「サーフェス」をクリック → 「強さ」に「40」を入れてください

5.「強さ」の上で右クリックをしてください

光の「強さ」の数を「1」の時間に保存します

1.「強さ」の上で右クリックをしてください

2.「キーフレームを挿入」をクリックしてください

次は「10」の時間に保存します

1.時間をドラッグして「10」に動かしてください

2.「強さ」に「40」を入れて、右クリックをしてください

数の保存をキーフレームと言います

1.「強さ」で右クリックをしてください

2.「キーフレームを挿入」をクリックしてください

次は、「11」の時間にセーブします

1.「▶」をクリックして「11」にしてください

2.時間が「11」に進みます

3.強さに「0」を入れてください

4.「0」の上で右クリックをしてください

右クリックからキーフレームを入れます

・「キーフレームを挿入」をクリックしてください

次は、「15」の時間にセーブします

1.ドラッグして、「15」に進めてください

2.「強さ」の上で右クリックをしてください

3.現れたメニューから 「キーフレームを挿入」をクリックしてください

最後に「16」の時間に明るさをセーブします

1.ドラッグして、「16」に進めてください

2.「強さ」に「40」を入れてください

3.「40」の上で右クリックをしてください

4.現れたメニューから 「キーフレームを挿入」をクリックしてください

点滅するアニメーションが再生します

1.「◀」ボタンをクリックして、時間をはじめに動かしてください

2.「▶」ボタンをクリックしてください

3.光がアニメーションして、点めつします

・アニメーションファイルをつくる用意をしよう

カメラを見ている画面に動かします

・「ビュー」 → 「視点を揃える」 → 「現在の視点にカメラを合わせる」をクリックしてください

ムービーのキレイさを決めます

1.「プリンター」のアイコンをクリックしてください

2.「フォーマット」をクリックしてください

3.解像度X、Yに絵にする大きさを入れてください

※ お使いのコンピュータに合わせて入れてください 数字が大きいほど、時間がかかります

つくるファイルの種類を決めます

1.「ファイルフォーマット」をクリックしてください

2.「FFmpeg」をクリックしてください

アニメーションのファイルをつくります

1.「出力」 → 「フォルダ」アイコンをクリック

2.アニメーションを保存する場所を決めてください

3.「レンダー」 → 「アニメーションレンダリング」をクリックしてください

・まとめ

今回は、「Blender」をつかって、光る炎のエフェクトとタイトルのつくり方を紹介しました

Youtubeでは、さらにおもしろく絵のつくり方を紹介しています

また、他のページでもCG・映像のつくり方について紹介しています

>> 動画で紹介!絵と映像のつくり方

>> 絵と映像のつくり方のカテゴリーページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました